【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の痛みを自分で治す知識

ここでは、自分で膝の痛みを治す上で知っておきたい知識をお伝えしています。今の膝痛を根本から解消する為の参考になれば幸いです。

膝の痛みを自分で治す知識記事一覧

膝の痛みの原因は何でしょうか?そもそも膝は関節だけでなく、足や股関節によっても支えられていますが、膝の関節の構造はこれらの構造とはまったく違った作りになっています。他の多くの関節のつなぎ目は、先端が球状の骨を臼状の骨が受ける安定した構造になっているのに対し、膝関節は曲げ伸ばしが出来るように、球状の大腿骨を受ける脛骨がほぼ平面になっているんです。つまり、膝にかかる体重を面ではなく、点で受けることにな...

膝や足首など、慢性的な足関節の症状に悩まされていませんか?膝の痛みに悩む方は、全国に2500万人とも言われており、そのうちの多くは変形性膝関節症か、その予備軍の方です。変形性膝関節症は、中高年の膝の痛みの原因として最も多く、膝関節の骨や軟骨がすり減ったりもろくなって変形したりする疾患です。主な症状には、@膝の内側がチクチク痛んだり違和感がある、A歩きはじめなど動作を始めの痛みが辛く、動き出してしま...

関節水腫の症状でお悩みではありませんか?変形性膝関節症や、十字靭帯、半月板の損傷などで膝を痛めると、「水が溜まる」という症状が頻繁に起こることがあります。この症状は、正式には関節水腫と言い、水と言うのは関節液(ヒアルロン酸が主成分)の事です。関節液は、関節をスムーズに動かす潤滑油やクッション、関節軟骨に栄養を与えるなどの働きがあり、健康な状態のときでも滑膜から常に出ています。一方で、古い関節液は滑...

変形性膝関節症は、ほとんどの場合は保温をします。ですが、膝の痛む患部が熱や腫れがあり、急に痛くなった時は、温める前に冷やす(アイシング)ことを考えましょう。外出して長時間歩いたりすると、急性の炎症を起こして膝が急に痛くなることがあり、熱や腫れがあるのはその為です。そして、アイシングは氷で冷やすことで、炎症を抑えることが自分で簡単に出来る有効な対処法です。膝が急に痛くなった時の対処法をしっかりするこ...

膝の痛みといっても、膝のどの部分が痛むかは曖昧で分かりづらいものですね。そして、今の膝の痛みを治すにはどこが、どの程度痛むのかを知る必要があります。そして膝の関節に限っていえば、ひざ関節の外側、内側が痛むのかを知るだけでも治療法は違ってくるものです。そこで、はっきり痛む場所が分かりにくいなら、その箇所を探す為にひざのお皿(膝蓋骨)の周りを指で押さえてみると判断しやすいでしょう。例えば、膝のお皿の上...

変形性膝関節症で軟骨がすり減り、O脚が進行すると膝の内側に痛みがでることが良くあります。何故なら、O脚の人は膝の内側に体重が余計にかかりやすく、そこにある軟骨がすり減りやすいのです。この軟骨がすリ減ることでO脚が進行して痛みが強くなったり、変形したりと悪循環になり、膝が思うように動かせなくなり歩くのも辛く困難になってきます。また、膝の変形が軟骨がすり減って進むと、ひざの関節の内側の隙間のすぐ下が押...

膝の痛みが外側にある場合は、スポーツなどの運動による疲労によるものが多いと言われています。主な特徴としては、ひざから太ももの外側にかけて痛み、外側広筋の疲労や膝の周りにある外側側副靭帯や腸脛靭帯に影響を及ぼし痛みが起こると考えられています。外側側副靭帯は、大腿骨(太ももの骨)と腓骨をつなぐ靭帯で、ひざ関節の両側にある靭帯の一つで、ひざの曲げ伸ばしを繰り返すことで疲労が溜まり痛みが出てきます。一方の...

変形性膝関節症での膝の痛みに良いサポーターはあるのでしょうか?サポーターは、膝を無理をさせないように安定させたり、保温したりする効果がありますね。変形性膝関節症での膝の痛みがある方なら、保温用のサポーターで、着けたまま屈伸や正座などが出来るものが良いでしょう。最近では保温用のサポーターも安く出回っています。また、スポーツなどで用いる関節を固定することを目的とした製品は向いておらず、あくまで大切なの...

膝が痛い時のお風呂お入り方をご存じですか?まず知っておいてほしいのは、熱を持っていて赤く膝が腫れている場合はお風呂に入るのは止めて下さい。むしろ、このような膝が炎症を起こして熱がある場合は冷やさないといけないので、入浴は禁止です。ですが、腫れていても痛みもなく、熱もないようならお風呂に入っても構いません。また、入浴時に膝を伸ばしたり、マッサージすると、より効果的です。そして、お風呂の温度ですが、体...

膝のどんな痛みにも効果的な基本のストレッチをご存じですか?膝に痛みがある多くの人は、なるべく膝を伸ばしたり、曲げたりしないようにしまいがちです。ですが、膝の曲げ伸ばしをしなくなってしまうと、関節や腱、靭帯などが萎縮してしまって、かえって固くなってしまうんですね。その結果、膝の曲げ伸ばしが更に辛くなり、痛みが増すというどんどん悪い方向に進んでいくようになってしまいます。例え、膝を動かすと痛みがあって...

歩くと膝の内側が痛い時のストレッチをご存じですか?といっても、ここでのストレッチは体操のようなものではなく、どちらかといえば指圧やマッサージに近いものです。歩く時に膝の内側が痛むという人も結構見かけるものですが、まずは膝のどこが痛むのか把握する必要があります。そして、このような場合は、ひざの内側にある関節の隙間を押すと痛みを感じる箇所があることが良くあります。膝のお皿から、すねの骨に沿って斜めに指...

膝の前の痛みに効果的な、もものストレッチをご存じですか?膝の前に痛みがある場合は、膝を伸ばす機能に障害が起きていると推測できます。そもそも足を踏み出す時は、太ももの大腿四頭筋が縮まることで、膝の膝蓋骨(お皿)とすねの骨である脛骨をつないでいる膝蓋腱と、そのつなぎ目が順序に従って引っ張り上げられ、すねの骨が引き上げられ、完全に膝が伸びたところで体重移動をさせることで、前に足を踏み出せるようになってい...

膝の裏の痛みの原因と、その症状を和らげるストレッチをご存じですか?膝の痛みがある人の中には、膝の裏側が痛いという場合も多いですね。その原因としてはいくつかあるのですが腓腹筋外側頭というすねの後ろ部分の疲労も比較的多く見られます。腓腹筋という筋肉は、ふくらはぎにあり、すねの後ろやかかとからアキレス腱を通して膝の裏側まで繋がっており、足首の関節の動きや膝の曲げ伸ばしにも関係しています。そして、腓腹筋の...

膝の痛みといっても、人によって痛みを感じる場所には違いがあるものですね。ですが、実は膝の痛みを引き起こす場所は、靭帯、骨、軟骨の3つしかないんです。そして、膝が痛くなると整形外科などで診察を受け膝が変形している変形性膝関節症と診断されてしまうと、骨が変形してしまっているから改善の余地がないと思い、痛みを解消する気持ちが低下するような人が多いように感じます。これは膝の変形が骨の変形を意味しているから...

膝の痛みを抱えている人にとって手術は本当に必要なのでしょうか?そして、中高年で膝の痛みを訴える人に多く見られるのが変形性膝関節症ですね。病院での治療は整形外科医が行い、変形性膝関節症と診断されると、通常は湿布や塗り薬などの消炎鎮痛剤による治療や温熱療法、電気治療、関節の動きを柔軟にしたり、筋肉を鍛えると言った理学療法が行われます。その他にも、ヒアルロン酸やステロイドの関節注射が行われることもあるで...

現代は医療の進歩もあり、寿命が大幅に伸びてきた一方で、体を支える足腰などには加齢などによる衰えが容赦なくおそってきますね。その結果、せっかく長生きをしているのに足腰が衰えて、思いどおりの生活が出来ないといった人が多く見られるようになってきました。その中でも、中高年の足腰の衰えや正常に動かなくなる故障のなかで多いのが、膝の痛みを症状とする変形性膝関節症です。実際に、病院の外来でも毎日大勢の患者さんが...

中高年の膝の痛みの原因として最も多い変形性膝関節症と病院で診断されて治療が必要な場合も、基本は自分で生活の中で治療していくのが基本ですね。変形性膝関節症は、膝の内側に痛みや違和感、日常の立ったり、座る、歩くなどの動作をはじめるときに痛みが出たり、膝がこわばって動きが悪い、一定以上の曲げ伸ばしできないなどの痛みや症状が続く限り、病院通いをしなくてはいけないというものではありません。病院が自宅のごく近...

60代以上の女性で膝の痛みで多く見られるのが変形性膝関節症ですね。膝の周りや太ももの筋力が加齢や運動不足などで低下することで起こります。そして、膝の周囲の筋肉が減ったり、弱くなると膝の関節を十分に支えられなくなり、骨の先端にある軟骨がこすれてすり減り、膝に痛みが生じてきます。更に、このような状態の時にあぐらや横座りなどや悪い立ち方などの悪い姿勢をして、体重をどちらか一方にかけることが多いと、身体の...

若い頃のスポーツ歴が膝の痛みを招くことも多いですね。中高年になって膝の痛みを訴える人の中には、学生時代に部活動などでスポーツを熱心に一生懸命にやっていた人などにも多く見られます。陸上、野球、サッカー、ラグビー、バスケットボールなどの多くの種目で、膝の怪我が起こっています。そして、種目別に多く見られる膝の怪我には以下のものがあります。(下表)種目膝の怪我・症状陸上変形性膝関節症、半月板断裂、ジャンパ...

半月板損傷や靭帯損傷は、治療を受けずに放置したり、完治しなかった場合に、のちに変形性膝関節症が起こりやすくなるのをご存じですか?変形性膝関節症は発症原因が特定できないケースが多いですが、一方で発症の原因として多いのは、半月板損傷や靭帯損傷、骨節といった過去に起こった膝周辺部の怪我なんですね。例えば、半月板損傷は、一度傷んでしまった半月板は元の状態には戻らないことから、クッション材としての機能が失わ...

膝の痛みは慢性化しやすく、再び起こらないように、根本から完全に治すことは難しいと思っていませんか?ですが、それは膝の痛みを突き止め、それを解消する為の治療をしていないからなんですね。多くの人は加齢が進むと、膝はどうしても痛くなるものと思っています。確かに年齢とともに膝の軟骨は磨り減っていく傾向がありますが、高齢者のすべての人が膝の痛みに悩んでいるわけではないのです。そして、膝の痛みの改善の為には、...