【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

手術は膝の痛みに本当に必要か?

膝の痛みを抱えている人にとって手術は本当に必要なのでしょうか?
そして、中高年で膝の痛みを訴える人に多く見られるのが変形性膝関節症ですね。

 

 

病院での治療は整形外科医が行い、変形性膝関節症と診断されると、通常は湿布や塗り薬などの消炎鎮痛剤による治療や温熱療法、電気治療、関節の動きを柔軟にしたり、筋肉を鍛えると言った理学療法が行われます。

 

 

その他にも、ヒアルロン酸やステロイドの関節注射が行われることもあるでしょう。
これらの治療をやっても、症状の改善が見られない時は、多くの病院などの医療機関では、次の手段して手術が勧められます。

 

 

ですが、変形性膝関節症で病院で手術をおこなうかどうかの判断には明確な一定の基準があるのではなく、医師のそれぞれの裁量によって決まるのです。
また、人工ひざ関節の手術費は、材料費(100万円程度)なども入れると200〜300万と高額になり、健康保健3割負担なら、60〜90万円くらいになります。高額療養費制度を使えば、最終的な総額もっと安くおさえられますが、はじめの自己負担額はやはり高額ですね。

 

 

また、殆どの患者さんは、3〜5週間程度で退院するので、整形外科にとっては効率のいい利益となるのは事実でしょう。もちろん、全ての医師がお金儲けばかりを考えているということではありませんが、実際に私が見るかぎりでは入院設備がある整形外科は患者さんに手術を勧める傾向が高いように感じます。

 

 

実際に、他の病院で手術を勧められ、何とか手術だけは避けたいという思いから、色々な病院で検査を受けられる方もいらっしゃいます。そのような患者さんは、ストレッチなどを含めた保存療法をご本人が熱心に取り組むことで、手術をしなくても膝の痛みが良くなる場合がとても多いです。

 

 

膝を治すのに一番効果的なのは筋力を鍛えることですから、ご本人の努力なくして変形性膝関節症の痛みは不可能です。何より病院では手術を勧めるばかりで、保存療法をきちんとサポートしてくれる医師が少ないことが、膝の痛みを抱える人が減らない理由ではないかと思います。

 

 

日本での変形性膝関節症の患者さんは、およそ3000万人とも言われており、人口膝関節手術を受けて生活している人は、そのうちの3%程度で、残りの人はご自身の努力と専門家の適切なサポートがあれば、手術を受けずに膝痛を治したり、痛みを緩和することがきっと出来る筈です。

 

 

ただ、誤解はしないでほしいのですが、私は手術を必要でないと言っている訳ではなく、医師にまかせっきりではなく、患者さん自身が自分で治すという意識をもって、多くの情報を収集して様々な可能性を知った上で、自分で納得する治療方法を選択することが大切なのです。

 

 

よく「先生の事を信じていますからお任せします」という患者さんがいますが、ご本人はそれで良くても、介護や世話をしないといけなくなるのはご家族の方です。
そうなったら、ご本人も家族の方も納得できないのではないでしょうか。

 

 

患者さんにとって、手術をすることは、肉体面はもちろん、精神的、経済面でも大きな負担になります。
それどころか、膝の手術には多くのリスクがあり、お金をかけて手術をしたのに膝が痛いと訴える人もいらっしゃるので、そうなってから後悔しない為にも、医者まかせにするのではなく、自分で膝の痛みは治すという強い気持ちを持つて、ご自身が納得できる治療法を行うようにしましょう。

 

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる