【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝痛を解消する膝の内側と太もも鍛えるストレッチ

60代以上の女性で膝の痛みで多く見られるのが変形性膝関節症ですね。
膝の周りや太ももの筋力が加齢や運動不足などで低下することで起こります。

 

 

そして、膝の周囲の筋肉が減ったり、弱くなると膝の関節を十分に支えられなくなり、骨の先端にある軟骨がこすれてすり減り、膝に痛みが生じてきます。
更に、このような状態の時にあぐらや横座りなどや悪い立ち方などの悪い姿勢をして、体重をどちらか一方にかけることが多いと、身体の左右どちらかに負担が大きくなり、骨が変形しやすくなります。

 

 

そうなると膝の内側に痛みが出やすくなり、その痛みをかばおうとしてO脚やがに股になってくるのです。
このような変形性膝関節症の症状である膝の内側などの痛みを和らげるには、膝の内側の筋肉である内転筋を鍛えるストレッチが効果的です。

 

 

膝の内側の内転筋を鍛えるストレッチはとても簡単です。
まず、肩幅に足を広げてややや内股気味に立ちます。次にその状態から素早く両膝を寄せてくっつけ、また素早く元の状態に戻します。

 

 

この動きを10秒間に10回程度を目安に繰り返し、これを1セットとして1回につき3セットを朝と晩の2回やります。
このストレッチは、スキーをする人なら分かると思いますが、スキー板の後端を開いてV字形にして、速度を落としながら方向を変えるボーゲンに似ているので、それをイメージして行うと分かりやすいかもしれませんね。

 

 

一方、膝のお皿の下の痛みを緩和するストレッチは、まず横向きに寝ます。そして上側の方の足首を後ろ手で掴みます。そして、その手を引いて太ももの前側を伸ばします。この状態を10秒程度キープします。
これを1セットとして、朝晩1回あたり3セット行うようにします。

 

 

いずれにしても、変形性膝関節症などの膝の内側の痛みやお皿の下が痛い人は、加齢などにより膝の周りや太ももの前側の筋力が低下することが原因なので、根本から治すには、日常生活の悪い姿勢などを正し、ストレッチなの運動で筋力をつけることで膝の痛みの緩和や改善、予防に繋がるでしょう。

 

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

【上田式】膝の痛み改善プログラムDVDの詳細を見てみる