【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

スポーツによる膝の痛み・怪我の予防と対処法

若い頃のスポーツ歴が膝の痛みを招くことも多いですね。
中高年になって膝の痛みを訴える人の中には、学生時代に部活動などでスポーツを熱心に一生懸命にやっていた人などにも多く見られます。

 

 

陸上、野球、サッカー、ラグビー、バスケットボールなどの多くの種目で、膝の怪我が起こっています。
そして、種目別に多く見られる膝の怪我には以下のものがあります。(下表)

種目

膝の怪我・症状

陸上

変形性膝関節症、半月板断裂、ジャンパー膝、腸脛靭帯炎など、

ラグビー、サッカー

変形性膝関節症、半月板断裂、膝蓋骨脱臼、前・後十字靭帯損傷など

バレーボール、バスケっボール

変形性膝関節症、ジャンパー膝、半月板断裂、膝蓋骨脱臼、前・後十字靭帯損傷など

野球、テニス

変形性膝関節症、半月板断裂、膝蓋軟骨軟化症など

 

 

このようなスポーツでの激しい運動をすることで、膝を酷使した結果、変形性膝関節症や半月板損傷などを招いてしまったのです。
更に、以前は今と違ってスポーツ医学があまり広まっておらず間違ったトレーニングなどが行われていたことも影響しているでしょう。

 

 

例えば、「うさぎ跳び」などの運動は足腰を鍛えるトレーニングとして部活動などでも以前は良く行われていましたが、半月板を傷める危険性が高いことから、現在ではほとんど行われていません。
また、中高年になると運動不足などで足腰の衰えが気になって、健康のためにと中高年からスポーツをまたやり始める人もいますが、無理は禁物です。

 

 

特に、若い頃にスポーツをやっていた人は、これくらい大丈夫だと過信しがちなところもあるの尚更注意が必要でしょう。
それでなくても、歳を取るに伴い関節の老化も進んできますし、関節軟骨がすり減って半月板も弾力が失われて断裂しやすくなっているのです。

 

 

したがって、以前のように動けるつもりでいると、膝に痛みを感じだし、歩くこともままなくなるなど、大けがをする危険も高くなります。その為、膝に負担がかかると考えられるスポーツや力仕事などをする時は、半月板や靭帯を故障から守る効果が期待できるサポーターを積極的に使用したり、体を動かす前にストレッチを入念におこなうなどの予防をしっかり行うことが大切でしょう。

 

 

なお、既にスポーツなどで膝に痛みがある人の対処法としても、症状にあったストレッチなどのエクササイズをすることで改善が見込めます。

 

 

この上田式膝の痛み改善プログラムDVDでは、細かく膝の痛みの原因の種類分けがしてあり、それぞれの対処法も分かるので、若い頃のスポーツでの膝の古傷などの痛みも改善することが期待出来ます。
また、スポーツや立ち仕事、歩行の前に行っておくと膝の痛み予防になるストレッチなどのエクササイズもあるので、何かに取り掛かる前の準備運動として、習慣づけるようにすると良いでしょう。

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

中高年からスポーツを楽しみたい方必見です。

 

【上田式】膝の痛み改善プログラムDVDの詳細を見てみる