【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

半月板損傷や靭帯損傷は変形性膝関節症を起こしやすい

半月板損傷や靭帯損傷は、治療を受けずに放置したり、完治しなかった場合に、のちに変形性膝関節症が起こりやすくなるのをご存じですか?

 

 

変形性膝関節症は発症原因が特定できないケースが多いですが、一方で発症の原因として多いのは、半月板損傷や靭帯損傷、骨節といった過去に起こった膝周辺部の怪我なんですね。

 

 

例えば、半月板損傷は、一度傷んでしまった半月板は元の状態には戻らないことから、クッション材としての機能が失われてしまい、衝撃が膝を直撃するようになるのです。

 

 

そうなると、膝関節にかかる力のバランスも崩れてしまい、関節軟骨の摩耗が生じ、やがて変形性膝関節症に進展してしまうのです。
また、膝の靭帯損傷の場合は、一部が切れたまま元に戻らなくなったり、完全に切れてしまうと、膝の動きを調節する機能も弱くなり、関節にかかる力を押さえることが出来なくなってしまい、その結果、変形性膝関節症に発展してしまうのです。

 

 

その他にも、骨節では、ひびが入った部分が段違いでくっついたり、骨がついた時にかみ合わせがずれてしまうと、関節面が正しく向き合わなくなり、関節に力が均等に掛からなくなることで起こりやすくなってしまうのです。
更に、膝が腫れた程度のものでも変形性膝関節症の原因となることもあるので注意が必要です。

 

 

なお、変形性膝関節症は、骨盤が開き足の小指側に体重がかかってО脚になってしまっている人に多く見られます。
その為、開いた骨盤を整え足の内側を鍛えることで、膝の内側にかかる負担を軽減させることが大切です。

 

 

この上田式膝の痛み改善プログラムDVDでは、それを踏まえ変形性膝関節症・過去に半月板や靭帯損傷をした膝の違和感向けのストレッチ(エクササイズ)もあり、スポーツや事故による、外傷の痛みを改善できます。

損傷直後の対処法とともに、過去の損傷の後遺症として痛みを引きずっている場合の対処法の2種類が紹介してあります。
具体的には、内側半月板損傷・外側半月板損傷・内側側副靭帯損傷・外側側副靭帯損傷・十字靭帯損傷・後十字靭帯損傷の全てに対応しています。

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

過去の怪我や損傷の後遺症として痛みを引きずっている方にもお勧めです。

 

【上田式】膝の痛み改善プログラムDVDの詳細を見てみる