【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の痛む場所から推定できる病気・損傷

膝の痛みといっても、膝のどの部分が痛むかは曖昧で分かりづらいものですね。
そして、今の膝の痛みを治すにはどこが、どの程度痛むのかを知る必要があります。そして膝の関節に限っていえば、ひざ関節の外側、内側が痛むのかを知るだけでも治療法は違ってくるものです。

 

 

そこで、はっきり痛む場所が分かりにくいなら、その箇所を探す為にひざのお皿(膝蓋骨)の周りを指で押さえてみると判断しやすいでしょう。例えば、膝のお皿の上を押して痛みが強い場合は膝蓋骨軟化症が疑われ、膝関節の軟骨が徐々にすり減り膝蓋骨にひびが入ったり、ずれたりと変形する病気です。

 

 

反対に、膝のお皿の下が痛む症状があるようなら、膝蓋靭帯炎が想定されます。これはサッカーやバスケットボールなどキックしたりジャンプ、ランニングしたりと、激しい動作をするスポーツなどを繰り返すことで膝蓋骨と脛骨を繋いでいる膝蓋靱帯や腱が炎症を起こしている病気です。

 

 

この膝蓋靭帯炎は、激しい動作を繰り返すことで起きることから別名「ジャンパー膝」とも言います。膝のお皿(膝蓋骨)の下が痛む他に、患部が腫れたり熱をもったり、太ももの筋肉が縮んで硬くなるなどの症状が起きることもあります。

 

 

また、膝関節のつなぎ目付近を押した時に痛みが強い時は、靭帯や膝関節でクッションの役割を果たす軟骨である半月板の損傷などの可能性があるでしょう。

 

 

この膝関節のつなぎ目というのはおよそ膝のお皿の下端の高さになり、この高さで外側の一番端の部分が痛みが強いなら、外側側副靭帯、外側寄りなら外側半月板。逆に最も内側なら内側側副靭帯、内側よりなら内側半月板に何かしらの損傷が起きていると考えられます。これはあくまで目安です。

 

 

どれも痛む場所が似ているので、症状の特定が難しい場合もありますので、自分の症状が分からない場合は、まずは医師の診断を一度受けるようにしましょう。

 

 

なお、膝が痛む原因には、関節リウマチ、痛風、膠原病、神経病性関節症、化膿性関節炎、骨の腫瘍などは【上田式】膝の痛み改善プログラムでの対象外になります。(膝を動かさなくても痛みがある場合は、専門医を受診し適切な処置をしてもらって下さい。)

 

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる