【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の痛みが内側にある

変形性膝関節症で軟骨がすり減り、O脚が進行すると膝の内側に痛みがでることが良くあります。

 

 

何故なら、O脚の人は膝の内側に体重が余計にかかりやすく、そこにある軟骨がすり減りやすいのです。
この軟骨がすリ減ることでO脚が進行して痛みが強くなったり、変形したりと悪循環になり、膝が思うように動かせなくなり歩くのも辛く困難になってきます。

 

また、膝の変形が軟骨がすり減って進むと、ひざの関節の内側の隙間のすぐ下が押さえつけられているような痛みが出ることもあります。

 

 

そして、関節が熱を持って腫れていなければストレッチをやると効果的です。
膝の内側の痛みは、関節内の炎症の痛みと鵞足や半膜様筋の痛みと間違えやすいものです。
その為、関節の隙間を探して確認してみると良いです。

 

 

ちなみに鵞足とは、簡単に言えば骨と腱を繋いでいる集まりで、屈筋という膝を曲げる筋肉群のうちの薄筋、半腱様筋、縫工筋がすねの骨(脛骨)の上部で集まっている部分です。
一方の半膜様筋は、屈筋の中でも1番大きな筋肉で、膝関節の内側の隙間の下にくっついている部分です。

 

 

O脚の人はこの鵞足や半膜様筋の負担が大きくかかる為、痛くなりやすいのです。
実際にその部分を指で触ってみるとガチガチになっていることがあり、ストレッチでほぐしてやると、柔軟になり痛みが和らぎます。

 

 

この関節の隙間を探すには、膝を直角に曲げお皿の下部の高さで内側のお皿の最端から後ろに向かって触っていき、大腿部と脛骨の間に窪んだところがあり、ここが関節の隙間になります。
ここを押してみて痛みがあるようなら関節の中に炎症が起きていると考えられます。

 

 

もし、炎症があり関節の隙間に腫れて痛みがある時や水が溜まっている時ははストレッチは控え、鎮痛剤などで炎症をまず抑えるようにする治療を行うようにすると良いでしょう。

 

 

膝の症状別に適したエクササイズを紹介

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる