【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

変形性膝関節症の痛みに良いサポーターとは?

変形性膝関節症での膝の痛みに良いサポーターはあるのでしょうか?サポーターは、膝を無理をさせないように安定させたり、保温したりする効果がありますね。
変形性膝関節症での膝の痛みがある方なら、保温用のサポーターで、着けたまま屈伸や正座などが出来るものが良いでしょう。
最近では保温用のサポーターも安く出回っています。

 

 

また、スポーツなどで用いる関節を固定することを目的とした製品は向いておらず、あくまで大切なのは、下半身を冷やさないようにすることです。
ですので、服装なども下半身を冷やさないようなものを着用することが大切です。

 

 

そしてサポーター使用時の注意点としては、

@炎症がある場合は、整形外科などの医師に相談してから使う。
Aきつく締めずに、あくまで保温を目的とする。
B締め付けが強いサポータは、夜の睡眠時は外す。
Cサポーターをすることで膝の動きが制限される場合は、車などの運転はしない。
D長時間(2時間以上)装着する場合は、血液の循環を妨げないように緩めたりする。

 

などが上げられます。
サポーターで膝を温め血行が良くなれば、楽になったような気がしますが、変形性膝関節症の原因は、関節の軟骨が変形したり、すり減ってしまうことで痛みなどの症状が現れてくるので、根本的な改善にはなりません。

 

 

歳をとればとるほど膝が痛くなり歩かなくなると、太ももを使わなくなってくるので筋肉(大腿四頭筋)も弱くなり、そうなると膝に負担が増えて、さらに膝が痛み出すという悪循環に陥ってしまいます。ですが、唯一膝に良いのは筋肉を強化することです。

 

 

ですが、殆どの医院や病院などでは、膝の注射や飲み薬、マッサージなどの通院治療を勧められますが、この変形性膝関節症はいったんなってしまうと、5年、10年と長きに渡って付き合っていかなければいけない慢性疾患です。
したがって、長い目で見て、この先寝たきりにならない為にも、ストレッチなどのセルフケアの治療を行っていくことが何より大切と言えるでしょう。

 

 

なお、変形性膝関節症は、骨盤が開いて足の小指側に体重がかかってО脚になってしまっている人に多く見られます。

この【上田式】膝の痛み改善プログラムでは、開いた骨盤を整え足の内側を鍛えることで、膝の内側にかかる負担を軽減さる変形性膝関節症・過去に半月板や靭帯損傷をした膝の違和感がある方向けのストレッチ等の症状別のエクササイズがあります。

 

運動不足や加齢などによる筋力低下を取り除き、根本から膝の痛みを治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる