【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の痛みをとる基本のストレッチ

膝のどんな痛みにも効果的な基本のストレッチをご存じですか?
膝に痛みがある多くの人は、なるべく膝を伸ばしたり、曲げたりしないようにしまいがちです。

 

 

ですが、膝の曲げ伸ばしをしなくなってしまうと、関節や腱、靭帯などが萎縮してしまって、かえって固くなってしまうんですね。
その結果、膝の曲げ伸ばしが更に辛くなり、痛みが増すというどんどん悪い方向に進んでいくようになってしまいます。

 

 

例え、膝を動かすと痛みがあってもストレッチを行うことを続けるうちに、膝の曲げ伸ばしが楽にできるようになり、それに伴って痛みもやわらいで、膝の動かせる可動域も広がってきます。
そして、基本のストレッチには、膝の表側と裏を伸ばして関節を強化させます。

 

膝の表側を伸ばす
仰向けになり、両脚を伸ばし両足首を上に反らせます。そして、床に両脚のかかとをつけた状態で、力いっぱい両脚の膝を伸ばすように両腿に力を入れるようにします。これを1日に20回程度行います。

 

膝の裏側を伸ばす
仰向けになり両脚を伸ばし、床につけた状態から、かかとも一緒に両脚首を顔がある手前に力いっぱいゆっくり反らし、その状態を5〜6秒程度保つようにします。
その後、今度は逆に両足首を力を入れてゆっくり反対側の後ろ(床方向)に反らして、同じように5〜6秒程度保つようにします。

 

膝の表側のストレッチは、膝を伸ばす太ももの大腿四頭筋を強くし、関節の柔軟にする効果があります。もう一方の膝の裏側のストレッチは、膝を曲げる際に使うふくらはぎの柔軟性のアップや強化になります。
この基本の膝の痛みをとる表と裏側の基本のストレッチをセットでやることで、膝の曲げと伸ばしに使う筋肉が強化され、滑らかな膝な動きができるようになってくるでしょう。

 

 

この膝のストレッチは、膝の曲げ伸ばしが辛い人でも、ひざを痛める心配がなく、どんな人にもお薦めです。
なお、膝を動かさなくても痛みがある場合は、他の疾患が考えられるので専門医に一度診てもらいましょう。

 

 

この上田式膝の痛み改善プログラムDVDでは、更により効果的な、全ての膝の症状に共通した骨盤の歪みをとる基本のストレッチ(トレーニング)があり、膝の痛みが少し楽になったら、症状別の痛みを軽減させるエクササイズを続けて行うことで、より改善効果が期待出来ます。

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる