【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

歩くと膝の内側が痛む時のストレッチ

歩くと膝の内側が痛い時のストレッチをご存じですか?
といっても、ここでのストレッチは体操のようなものではなく、どちらかといえば指圧やマッサージに近いものです。

 

 

歩く時に膝の内側が痛むという人も結構見かけるものですが、まずは膝のどこが痛むのか把握する必要があります。そして、このような場合は、ひざの内側にある関節の隙間を押すと痛みを感じる箇所があることが良くあります。

 

 

膝のお皿から、すねの骨に沿って斜めに指2本分くらい下あたりに、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)のつなぎ目に隙間があるので、その付近を指で押すと痛むポイントがあるので、ここを親指を使って押しながら、筋肉や組織を良くほぐすようにすると痛みが和らぐ場合があります。

 

 

痛みがあるところを指で押したりして大丈夫かと思う人もいるかも知れませんが、このストレッチはとても効果的です。そもそも痛みがある部分は、腱や筋肉が固くなって血行不良を起こしていますので、そのまま何もしないで放置しておくと、ますます痛みが強くなってきます。

 

 

ストレッチで痛む部分を押したり揉みほぐすことで、筋肉や腱が柔軟になってほぐれてきて、血行が良くなり痛みが取れてくるのです。
なお、じっとしていても痛む急性の膝の痛みの場合は、患部を氷で冷やして、出来るだけ早くに病院で診てもらうようにしましょう。

 

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる