【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の前の痛みに効くもものストレッチ

膝の前の痛みに効果的な、もものストレッチをご存じですか?
膝の前に痛みがある場合は、膝を伸ばす機能に障害が起きていると推測できます。

 

 

そもそも足を踏み出す時は、太ももの大腿四頭筋が縮まることで、膝の膝蓋骨(お皿)とすねの骨である脛骨をつないでいる膝蓋腱と、そのつなぎ目が順序に従って引っ張り上げられ、すねの骨が引き上げられ、完全に膝が伸びたところで体重移動をさせることで、前に足を踏み出せるようになっているんですね。

 

 

そして、この膝の動きを滑らかに行うには、膝の関節の周りが柔らかい状態で、つなぎ目ががっしりしていないといけません。
ですが、老化で膝の周辺の組織が固くなっていたり、炎症を起こしていると十分に膝を伸ばすことが出来なくなり、放っておくとますます関節が固くなり、動きが悪くなったり、血行も滞り痛みがますます酷くなってきます。

 

 

これを治すには、固くなった太ももの大腿四頭筋を伸ばすストレッチが効果的です。
このもものストレッチを行うと、筋肉もほぐれて柔軟になり、膝関節もしっかり伸びるようになれば、次第に膝の前の痛みも自然にとれてくるでしょう。

 

 

膝の前の痛みをとる、もものストレッチのやり方はとても簡単です。
まず、うつ伏せに寝て、両方の手を使って(右手なら右足というように、同じ方の手で同じ側の足を持つ)かかとをお尻に引き寄せるようにゆっくり膝を大きく曲げ、その状態を7〜10秒程度ほど維持したあと、持っていた足を離します。

 

 

これを5回繰り返すことを1セットとして、1日に2〜3セットほど行うようにします。
なお、この膝の前の痛みに効くもものストレッチのコツは、出来るだけかかとをお尻につけるようにすることです。
お尻とかかとが、10cmより離れている人は、太ももの筋肉が固くなっている証拠なので、近づけるように続けます。

 

 

また、立った姿勢て行うことも出来ます。この場合は、片足ずつ左右交互に行い、体が左右に捻じれないように背筋を伸ばして、太ももの筋肉を伸ばすように意識して行うようにします。
このストレッチは、膝の疲労を解消する効果もあるので、家事や仕事の合間に行うようにすると良いでしょう。

 

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる