【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

膝の裏の痛みの原因とストレッチ

膝の裏の痛みの原因と、その症状を和らげるストレッチをご存じですか?
膝の痛みがある人の中には、膝の裏側が痛いという場合も多いですね。その原因としてはいくつかあるのですが腓腹筋外側頭というすねの後ろ部分の疲労も比較的多く見られます。

 

 

腓腹筋という筋肉は、ふくらはぎにあり、すねの後ろやかかとからアキレス腱を通して膝の裏側まで繋がっており、足首の関節の動きや膝の曲げ伸ばしにも関係しています。
そして、腓腹筋の外側である腓腹筋外側頭に疲労が蓄積してしまう原因としては、膝を伸ばす時に使われる筋肉や腱、靭帯(伸展機構)の機能の働きが低下したことが考えられます。

 

 

膝の曲げ伸ばしをする大腿四頭筋及びその腱、膝蓋骨(お皿)などが主に関与しており、それらの機能が低下してくると膝の前に痛みが出てくるようになります。
そうなると、膝の前の痛みを避けようとして前の筋肉の弱さをを後ろにある筋肉である腓腹筋が埋め合わせをしようとして、無意識で働くことで負担が増えて、膝の裏に痛みが出てくるようになるのです。

 

 

したがって、このような原因の膝の裏の痛みをとるには、腓腹筋の痛みをやわらげるストレッチが必要になりまず。
ですが、膝の裏側といっても、外側か内側によってもスレッチの方法は違ってくるので、どちらが痛いのか確認する必要があります。
膝の痛みが外側か内側かを確認するには、椅子か床にでもどちらでもいいので座って、痛みがある方の脚を力一杯前に伸ばしてみます。

 

 

外側なら、膝を伸ばして膝蓋骨(お皿)の中央から外側に向かって指でさすっていくと太い筋があるので、その膝の裏の外側を押すと強い痛むところがある筈です。
ここを薬指と中指の腹を当て、5秒程度をさするように押します。これを3分前後繰り返すストレッチを行います。

 

 

内側なら、膝を曲げると裏に出来る皺の端の周辺に痛みがあるので、痛い方の膝を90度に曲げ、その状態で内側の痛いところを、親指の腹を当てて、少し痛いと感じる程度に押すように揉みます。これも3分前後ほど繰り返し行います。

 

 

この膝の裏の痛みをとるストレッチは、マッサージや指圧に近いので、職場や自宅でも手軽に行うことが出来ます。
ですが、実際にやってみると、痛む部分を重点的に行う為に、痛くてたまらないという人も少なくないかもしれませんが、組織や筋肉が凝り固まって柔軟性がなくなっているということなので、痛くなければ効果もありません。
その為、じっくりと時間をかけてストレッチを行うことが大切です。

 

 

また、膝の裏の痛みは関節水腫、ふくらはぎや腿(ハムストリングス)の腱の炎症が原因の場合もあります。ふくらはぎが硬直し柔軟性がなくなったり、腿の腱が不具合が生じるのは、骨盤のズレが原因となることが多く、それがもとで膝の裏が痛むようになります。

 

 

関節水腫は、根本原因である膝の故障を治すことが大切で、ストレッチに取り組んで膝の状態が回復すると、自然に水が抜けていくケースが殆どです。
ふくらはぎの腱の炎症は、歩くたびに痛みが出る事もあります。主にはその部分の硬直や疲労が原因なので、しっかりとふくらはぎをほぐし、骨盤の歪みをとることが大切です。

 

 

ハムストリングス(太もも裏側)の腱が炎症している場合は、腿の裏やお尻の筋肉、お腹側の腸腰筋がガチガチに固まり、膝に負担がかかって痛みが出るので、これらの筋肉をストレッチ等でほぐして、膝の痛みを改善させることが必要です。
このように膝の裏の痛みは痛みはいくつかの原因が考えられます。それによってストレッチ等のエクササイズが変わりますので、ご自分の膝の状態を良く見極めて取り組むことが大切です。

 

 

この上田式膝の痛み改善プログラムDVDでは、骨盤の歪みをとる基本のストレッチ(トレーニング)はもとより、アキレス腱、大腿四頭筋、臀筋、腸腰筋等の膝の裏の痛み向けストレッチのエクササイズがあり、更に筋力アップで再発防止のトレーニングもあるので、根本から改善することが期待できます。

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる