【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

変形性膝関節症の誤解

膝の痛みといっても、人によって痛みを感じる場所には違いがあるものですね。
ですが、実は膝の痛みを引き起こす場所は、靭帯、骨、軟骨の3つしかないんです。

 

 

そして、膝が痛くなると整形外科などで診察を受け膝が変形している変形性膝関節症と診断されてしまうと、骨が変形してしまっているから改善の余地がないと思い、痛みを解消する気持ちが低下するような人が多いように感じます。
これは膝の変形が骨の変形を意味しているからと思っているからだと思いますが、そうではありません。仮に骨そのものが変形していても、痛みは解消することが出来ます。

 

 

膝の変形の原因の多くは、関節軟骨の老化によることが多く、変形性膝関節症でも初期なら骨の変形は殆どなく、実は圧倒的にこの初期段階の人が多いんですね。
膝の痛みを感じている高齢の方の共通しているのは、膝がしらやその周辺が大きく腫れぼったい感じになっていることです。

 

 

その為、昔の若い頃に比べて見た目からして大きく変わっていることから、変形というと骨そのものが変形しているように受け取ってしまいやすいものです。
また、若い人でも見た目が歪んだりいびつな形をしていれば、骨が変形してしまうと思い込んでしまうでしょう。

 

 

ですが、整形外科などで変形の診断をされたとしても、膝関節の荷重を受ける面のすり減りや欠損がおおよそ5mm以内で進行していないようなら、自分出来るストレッチなどの適切なセルフケアを行うことで改善することも出来るんです。

 

参考に、日本整形外科学会で使われている変形性膝関節症の分類は以下になっています。病院ではGradeや膝の状態で説明されます。

Grade0

正常

Grade1

骨効果の疑い、骨棘、骨嚢胞の形成

Grade2

関節裂隙狭小化(3mm以下)

Grade3

関節裂隙の閉鎖、もしくは亜脱臼

Grade4

荷重面の摩耗、もしくは欠損(5mm以下)

Grade5

荷重面の摩耗、もしくは欠損(5mm以上)

 

 

膝が痛くて悩んでいる人は多く、膝の痛みによいと言われるサプリメントを飲んでみたり、膝をかばって歩くことで、もう片方も悪くしてしまったりする人も少なくありません。
ですが、膝の痛みの大元の原因は、普段の悪い姿勢などによる体の歪みや重心のズレによるものなので、生活習慣の見直しとストレッチで痛みは解消することが出来るのです。

 

 

そして、変形性膝関節症と診断され、手術をする人は年々増えていますが、しなくていい場合があったり、再手術が必要になってくることもあるので、自分の膝の痛みにどう向き合っていくのが一番いいのかを考えることが大切です。

 

 

その選択肢の一つが、この上田式膝の痛み改善プログラムDVDです。そもそもなぜ膝に負担がかかってしまったのか、根本的なところに注目し、そこから痛みの改善を図るので、対症療法ではまかなえないものであり、ストレッなどのセルフケアを行う大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる