【上田式】膝の痛み改善プログラム は人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】膝の痛み解消プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、日本姿勢保健均整師会理事・三起均整院院長の筒井朗晏先生の三起均整による膝痛解消プログラムです。
病院で2年間治らなかったヒザ痛もたった2回で解消するなど、病院で治らなかった膝も本人が驚く程短期間に治した臨床例も多数あります。

実際に70歳以上の方でも自宅で2週間で解消できた実績があり、多くの方の辛い膝の痛が解消されていますので、自信を持ってお勧め致します。

なお、加齢によるもの、半月板損傷、変形性膝関節症などの膝関節痛、膝関節炎、O脚、X脚、体重増加、リウマチなど内臓疾患、ストレス、スポーツや事故で膝を痛めた方など様々な膝痛が解消されます。
手術が必要と宣告された方でもこの方法を試す価値は大いにありますので、一度参考にされて見て下さい。

関節水腫の治療法

関節水腫の症状でお悩みではありませんか?
変形性膝関節症や、十字靭帯、半月板の損傷などで膝を痛めると、「水が溜まる」という症状が頻繁に起こることがあります。

 

 

この症状は、正式には関節水腫と言い、水と言うのは関節液(ヒアルロン酸が主成分)の事です。
関節液は、関節をスムーズに動かす潤滑油やクッション、関節軟骨に栄養を与えるなどの働きがあり、健康な状態のときでも滑膜から常に出ています。

 

 

一方で、古い関節液は滑膜に吸収される為、関節内の関節液の量は増えることなく一定に保たれています。ところが、変形性膝関節症などで軟骨が摩耗したり、半月板の損傷などで膝が損傷を起こすと防御反応として、吸収する量を上回る関節液が分泌され膝に溜まるのです。

 

 

水が溜まるのが少量ならすぐに抜くことはしませんが、量が多くなると関節の動きも悪くなり、膝の裏の痛みや腫れなどの症状が強くなり、歩くのも困難になることがあるので、注射で水を抜く治療を行うことがあります。

 

 

ですが、関節水腫は炎症が治らなければ、水を抜いてもすぐに腫れたり、また溜まってきます。水が何度も溜まるのは、炎症が治っていない証拠であり、炎症を抑える治療が必要になります。
そして、重要なのは単純に水を抜けばよいとは考えずに根本の原因である膝の故障を治すことが大切です。

 

 

この【上田式】膝の痛み改善プログラムDVDでは、膝の裏の痛み向けのストレッチなどのエクササイズもあり、膝に水が溜まる関節水腫の場合には、エクササイズに取り組んで膝の状態を回復させれば、水は自然に抜けていく場合がほとんどです。

 

注射や手術に頼ることなく、根本から元気な膝に治す方法!

 

三起均整による膝痛解消プログラムの詳細を見てみる